実行委員長より

第27回北日本医科学生オーケストラフェスティバルのWebサイトをご覧下さり、ありがとうございます。実行委員長を務める、弘前大学医学部医学科3年の菊池諒一です。

北日本医科学生オーケストラフェスティバル(通称北オケ)は、1993年3月に弘前大学の運営によって第一回演奏会を開催いたしました。現在、主に関東以北の医療系大学の学生を中心にして約150名が集まり、毎年3月に5泊6日の合宿を行ったのちに本番の演奏会を迎えます。医療系学生が集って演奏会を行う医科学生オーケストラ(通称:医オケ)にはいくつも種類がありますが、合宿とその後の演奏会を連続して行う合宿オケには、北オケの他に西日本を中心とする西オケ、全国から学生が集う夏オケなどもあります。合宿では、一期一会の仲間と寝食を共にし、朝から晩までプロの指揮者・トレーナーのもとで切磋琢磨し合いながら練習することで高い演奏のクオリティを目指し、一週間とは思えない充実した時間も相まって一回一回忘れられない本番となります。他の合宿オケとの大きな違いは、過去すべての演奏会を鈴木織衛先生(現 東京藝術大学指揮科講師)の指揮により築きあげている点です。例年通りの北オケらしい演奏も二度と完全には集まることは出来ないであろうメンバーの今年限りの演奏、どちらの要素としても北オケらしい熱い演奏をお届けできると思います。

医療者には、知識や技術だけでなく「Mind」や「Art」が求められるとはよく言われたものです。そのどちらをもはぐくめ得る音楽を同じ医療に進む仲間と作り上げることは、一生残る思い出であると同時に、一生自らを助けてくれるかもしれない。そのようなことを考えながら、二年間主管として準備をしてきました。

冬の青森市はリンクステーションホール青森で、皆様のご来場を心よりお待ちしています。ぜひお越し下さい。

第27回北日本医科学生オーケストラフェスティバル
実行委員長
菊池諒一(弘前大学医学部医学科3年)

公式Twitter


公式Facebook

PAGETOP