Now Loading...

指揮: 鈴木 織衛 先生

東京藝術大学指揮科、同大学院卒。遠藤雅古、松尾葉子両氏に師事。
藝大在学中、作曲家中田喜直氏の薫陶を受け、氏とのジョイントコンサートに出演、ピアニストとしてのデビューを果たした。

その後、オペラ団体「二期会」において、数々の作品に指揮者、合唱指揮者、コレペティとして参加すると同時に、コンサートピアニストとして、斉田正子、錦織健氏など人気声楽家の伴奏者としても活躍した。

1993年と1997年の2回、オペラ指揮の活動に対し、文化庁より年間奨学金を授与された。

また、藝大卒業と同時に、同付属音楽高校講師に就任。
10 年間芸高オーケストラの指揮者を努めた。

1996 年ベルリンでの Deutshes Kammer Orchestra(ドイツ室内管弦楽団)定期演奏会でコンサート指揮者デビュー。
同年、東京フィルハーモニー交響楽団「Fendi Concerto Classico with Jose Carreras」で日本デビュー。
その後、多くの日本のオーケストラに客演指揮している。

2010 年、オーケストラアンサンブル金沢専任指揮者に就任した。

現在、オーケストラアンサンブル金沢専任指揮者、東京藝術大学指揮科講師。

トレーナーの先生方

【Violin】藤村 政芳 先生

1989年、東京藝術大学卒業。同声会主催卒業講演会に出演。同年、新日本フィルハーモニー交響楽団にフォアシュビーラーとして入団。同オーケストラと数回ソリストとして共演する。また、1991年に『KISA弦楽四重奏団』を結成し、ロンドンアマデウスクワルテットに師事。1996年大阪国際室内楽コンクールに入選。
ヴィオラ奏者としては、ウィーン・フィルのコンサートマスター、ライナー・ホーネック氏の来日リサイタルにて共演のほか、二胡奏者の許可氏のCDレコーディングにて共演。1996年新日本フィルを退団。現在、東京フィルハーモニー首席奏者、また、ソロや室内楽、スタジオレコーディングなどで活躍中。
今までに、土方恭之、浦川宜也、ベラカトーナの各氏に師事。

【Viola】 古川原 裕仁 先生

国立音楽大学卒業。在学中に、新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。
渡米し川崎雅夫氏のもとで研鑽を積む。帰国後、新日本フィルを退団し、フリー奏者として活動。
これまでに、新日本フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、大阪フィル、京都市交響楽団、東京フィル、神奈川フィル、岡山フィル、九州交響楽団、琉球フィルハーモニー、静岡交響楽団、東京シティフィル、などの客演首席をつとめている。
オーケストラのトレーナーとしても中央フィル、東京女子医科大学、昭和大学、獨協医科大学、全日本医科学生オーケストラなど、数多くの団体を指導している。そのほかにも指揮活動や数多くのアーティストのアルバム、テレビ・映画、CMなどのレコーディングや、コンサートツアーにも参加している。ヴァイオリンを諏訪晶子、ヴィオラを、深井硯章、ウルリッヒ・コッホ、白尾偕子、川崎雅夫、竹内晴夫の各氏に師事。
現在新日本フィルハーモニー交響楽団・団友、ヴィルトーゾ横浜(弦楽合奏団)ヴィオラ奏者、横浜音楽文化協会会員、洗足学園音楽大学講師。

【Cello】 山内 俊輔 先生

紹介文は準備中です!

【Cello】松岡 陽平 先生

岡山市ジュニアオーケストラでチェロを始め、芸大附属高校、桐朋学園音楽科ディプロマコースに学ぶ。80年代はフリーの演奏家として活動。バロック音楽、現代音楽、ポピュラー音楽、シャンソン、タンゴなどあらゆるジャンルで活躍。91年より東京都交響楽団のメンバーとなり、オーケストラの仕事に従事する。その間にも、デンマーク、メキシコの現代音楽祭に参加し現代音楽の演奏をしたり、室内楽、リサイタルなどの自主公演やアマチュアオーケストラの協奏曲ソリストをつとめたりと多くの活動をしている。東京都交響楽団では06年より副首席奏者を務めている。

【Contrabass】 那須野 直裕 先生

紹介文は準備中です!

【Contrabass】 本山 耀佑 先生

12歳よりコントラバスを始め、東京藝術大学にて永島義男、山本修の各氏に師事。同大学院にて池松宏、吉田秀の各氏のもとで研鑽を積む。卒業時に同声会賞受賞。
第9回千葉県管弦打楽器コンペティション弦楽器部門第1位。第10回ブルクハルト国際音楽コンクール弦楽器部門第4位。
宮崎国際音楽祭などに参加すると共に、室内楽の分野では内外の著名な演奏家と共演、ソロの分野でも活動を広げている。
現在、東京芸術大学大学院ティーチングアシスタント、東京都交響楽団コントラバス奏者。

【Flute】 森 圭吾 先生

国立音楽大学、シュツットガルト音楽大学、同校ソリストコースを経て札幌交響楽団入団。1984年第7回ライプチッヒ・バッハ国際音楽コンクール入選。第53回日本音楽コンクール第二位入賞(一位なし)、同時に加藤賞受賞。
「ケイゴと学ぶフルート教室」を岡山、東京、旭川、上富良野で行い、若者に音楽の喜びを伝えるために心血を注いでいる。また、各音楽誌上に連載、投稿、またエッセーなども手がけ10年間に渡って連載された『ザ・フルート』(アルソ出版)『ケイゴ先生の何でも相談室』では、読者人気投票NO.1を獲得。そのウイットに富んだ語り口は絶大な人気を誇った。
2001年から指揮活動を開始、円光寺雅彦氏に師事し第二の音楽設計をスタート。
札幌交響楽団首席フルート奏者を30年間務めた後、2015年春、くらしき作陽大学専任教授に就任。2015年12月27日、地元総社市で初となるベートーベンの「第九」を指揮。作陽大学管弦楽団、合唱団、市民による合唱団を総監督、指揮し大成功を収め、今後毎年の開催が決定している。

【Flute】 富久田 治彦 先生

名古屋フィルハーモニー交響楽団首席フルート奏者。フルートを12歳で始め、川瀬瑩公氏、伊藤公一氏に師事する。京都市立芸術大学を経て、1988年同大学院を修了。修了に際し大学院賞を受賞。在学中に第3回日本フルートコンヴェンションコンクール第1位。NHK洋楽オーディションに合格。1989年名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。その後、第1回日本木管コンクール第2位。1991年にはバロックザールでのリサイタルが評価され、青山音楽賞を受賞。1995年アフィニス文化財団海外研修員に選ばれ、アメリカ合衆国へ留学。ミッシェル・デボスト氏、フェンヴィック・スミス氏らのもとで研鑚を積む。
ソリストとして、名古屋フィルハーモニー交響楽団と共にイベール、ライネッケ、モーツァルト、J.S.バッハ、武満など協奏曲等を数多く演奏している他、宗次ホール主催「富久田治彦プロデュースによる室内楽シリーズ」やリサイタル、アジア・フルート・コングレス、日本フルート・コンヴェンション等で活躍している。また近年、マスタークラスや講演、指揮者としても幅広く活躍している。2013年日本音楽コンクール、2014年日本木管コンクール審査員。アジア・フルート連盟常任理事。京都市立芸術大学・大学院、椙山女学園大学各非常勤講師。

【Oboe】 最上 峰行 先生

紹介文は準備中です!

【Clarinet】 日比野 裕幸 先生

大阪府出身、13歳よりクラリネットを始める。京都市立堀川高校音楽コース、東京藝術大学を卒業後、ウィーン国立音楽大学にて学ぶ。1991年仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団。同団の定期演奏会やアンサンブル金沢の定期演奏会にもソリストとして出演している。
小澤征爾音楽塾の講師としてや宮崎国際音楽祭に招かれ演奏している。 2011年仙台フィルを退団し、宮城教育大学教授に就任。
東京クラリネットフィルハーモニー(TCP)、Orchla木管五重奏団、エニグム クラリネットアンサンブルのメンバー。 フィルハーモニアウインドオーケストラ常任指揮者、宮城教育大学交響楽団指揮者。

【Fagott】 飯塚 美穂 先生

16才よりファゴットを始める。東京藝術大学卒業。在学中に東京文化会館推薦音楽会、神奈川県立音楽堂推薦音楽会に出演。卒業後はフリー奏者として活動。ファゴットを、竹重渉、岡崎耕治、中川良平、霧生吉秀各氏に師事。室内楽を、海鋒正穀、中川良平、山本正治、Henriette Puig-Roge各氏に師事。また、Michael Werba、Klause Thunemann、Henninng Trog、小山昭雄各氏の指導を受ける。鹿児島大学管弦楽団とモーツァルトのコンチェルトを、俊友会とハイドンのコンチェルダンテを、横浜交響楽団とウェーバーのコンチェルトを共演。現在はコントラファゴット奏者としても活動している。

【Brass】 小林 正樹 先生

5才よりピアノ、10才よりトランペットを始める。12才より北村源三氏に師事。東京藝術大学に 入学後トランペットを北村源三氏、室内楽を中山冨士夫氏、山本武雄氏に師事。 在学中ヴィンセント・チコビッツ、ギー・トゥーヴロン各氏の公開レッスンを受ける。卒業後ウィーン国立音楽大学、A.ホラー氏のクラスにて研修。北村源三氏主催のトランペットクァルテット「ヴィルティオーゾ トランペット東京」のメンバーとして活動。渋谷交響楽団、琉球大学管弦楽団、東京電機大学管弦楽団とアルチュアン、ハイドン、フンメルのトランペットコンチェルトを共演。ソロ・室内楽・オーケストラなどで活動しながら近年は金管楽器演奏技術の研究に力を注いでいる。

【Percussion】 定成 庸司 先生

東京芸術大学音楽学部卒業。
アメリカン・ウインド・シンフォニーオーケストラ・ティンパニー奏者を経て、国内のオーケストラはもとより、スーパー・ワールド・オーケストラ、モントリオール交響楽団、バイエルン歌劇場オーケストラ等の日本ツアーに及ぶ。現代音楽の分野においても作曲家の久石譲、打楽器奏者の高田みどりと共に「ミニマル・ミュージック」のグループで活動後、「ムクワジュ・アンサンブル」を組織。一方で打楽器アンサンブル「ザ・パーカッション」を立ち上げ全国各地で演奏活動。1990年沖縄県立芸術大学に赴任後進の指導に当たる。2010年9月、西日本打楽器協会沖縄地区主催第1回「打楽器の祭典」を企画、以後毎年開催。
西日本打楽器協会沖縄地区理事。元沖縄県立芸術大学教授。